【10キロダイエット】食べ物の選び方のコツさえ知っていれば痩せる!

スポンサーリンク




10キロ痩せる

こんにちは!

スムーズに10キロ痩せるには、食材選びが大事です

結論を先に言ってしまうと重要なことは2つ

毎回同じ食材を食べても飽きないもの

過食してしまうような食べ物を取らないこと

この2つさえ守っていれば、食材は何を食べても構わないということです

ではこの2つでなぜダイエットがうまく行くのかをご紹介いたします。

スポンサーリンク




毎回同じ食材を選ぶ理由

まず、毎回同じ食材を選ぶ理由として

カロリーと栄養成分が安定しているので日々の体重変化の正しいデータが取れるからです

今日は焼肉食べた、今日はサンドイッチだけにしたなんかだと

なぜそれを食べて痩せたのか、太ったのかがわからず

間違った食材を食べ続け、体重が落ちるどころか太ってる、なんていうことが起こります

決まった食材にしておくと、体重の増減時にこれは量が多かった、少なかったということがわかるので

食材の量を調整することは大事にしてほしいポイントです

日々食べても飽きない食材を選ぶわけ

食材は日々食べても飽きないものを選ぶ必要があります

  • あの食べ物がダイエットにいい
  • これだけ食べてれば痩せる
  • テレビでこれを意識すれば痩せるって言ってた

この耳触りのいいダイエットの中には正解があると思います

しかし大事なのはダイエットをする自分自身にその食材があっているかかどうかです

もしテレビやネットで話題の食べ物を食べていても、思うように体重が落ちなかったり

調理や調達が面倒だと途中でやめてしまうことがあり、ダイエットに迷走してしまうことになります

毎食同じ食事をしろって・・・コト?

朝は大豆製品、昼は鶏肉、夜は魚といった具合に

じゃあ、3食米と茹でた鶏むねで生活しろってコト?となりそうですがそうではありません

3食違った食材でも

朝は納豆、お昼は鶏肉、夜は焼き魚といったように

1日を通して同じ食事でなく、朝は大豆製品、昼は肉、夜は魚

といった具合で食材の種類を固定してあげればよいのです。

そうすれば無理に硬い鶏胸肉を食べる必要もありませんしカロリー計算も簡単です。

例えばどんな食材がいいの?

日々食べても飽きないものはあると思います。

よく食べられる代表としてお米や納豆、卵なんかは毎日食べても飽きは来ないと思います。

毎日牛肉は重たいけれど、鶏肉や魚だったら大丈夫だったりします

卵や納豆はそのまま卵かけご飯にしてもいいですし、鶏肉は焼いても鍋にして食べてもいいと思います

大事なのは毎日食べても飽きないもの

もっと言うと、飽きていても調理法を変えれば続けられそうなものがいいですね。

鶏肉でも手羽元や鶏モモ肉なんかは飽きのこないお肉で、値段も安くどのお店でも扱っているのでおすすめです!

もっと食べたいと思うものは避けるようにする

ダイエットで大事なことの2つ目は、食欲を増すような食材は避けることです

これはその食材がきっかけで食べたい欲が習慣化し、ダイエットの停滞を起こしてしまうことが多いからです

例えばお得用のチョコやポテチ。

少し食べて満足できるのならいいと思うのですが

「袋開けてしまったしあったら明日も食べそうだから食べてしまえ!」

「開封したし湿気てしまうからその前に食べきろう!」

と都合よく考えてしまうことがあると思います。

この感覚は喫煙に失敗した人ならわかると思いますが、長い間タバコをやめていても

1本吸ってしまったがためにずるずると元の喫煙者に戻ってしまうのと同じです。

その日は満足しても、次の日にはその食べ物がまた食べたくなり

また一個、またこの時間に1個と食べるようになり結果ダイエットの停滞を引き起こしてしまいます

ですのでそのような過食のきっかけになるようなものは初めから避けるようにしましょう

それでもどうしても食べたいものがあるよ!

なんでも食べていいって言ったじゃないか!

という声も聞こえてくるので、ここで一つ提案です。

1日で3食とっているならその1食分を好きなものに変えてみることです。

例えば朝ご飯の代わりに好きなおやつを食べる。

当然カロリー計算やPFCバランスは大事ですが、設定したカロリー内ならいいと思います。

実際3食のうち1食お菓子に変えたことはありますが、1日のカロリー設定内ならば問題なくダイエットは続けられます。

でもお菓子を食べちゃったらタンパク質足りないよ?

お菓子を食べれば、当然タンパク質の量が足りなくなります

しかし、大事なのは設定したカロリー内でダイエットを行うことです。

タンパク質が足りないからと言ってプロテインを飲んだりお肉を食べたりするとカロリーオーバーしてしまうからです

その日のタンパク質摂取量はあきらめて、次の日から気をつけて食事を管理していれば

1日タンパク質が足りないくらいで体になんの支障もありません。

大事なのは設定したカロリーで過ごすことです。

もう一つの方法、チートデイ

チートデイとはよく聞くとは思います。

週に1日好きなものを食べまくる!って日のことですね

1週間あるうちの1日好き放題食べまくる日を設け、ほかの日は食事制限をするというやり方が一般的でしょう

こちらは計算もせず好きなだけ食べてもいいので、楽かもしれません。

ただこれも落とし穴があって

  • 次の日も同じように食べてしまう
  • チートデイを楽しみにしてダイエットしていることを忘れがち

なんてことになりかねません

この2つを忘れなければ、個人的にチートデイはおすすめです!

しかし、本音を言わせてもらえば・・・

設定したカロリーであればタンパク質不足も、お菓子を食べることも大丈夫です。

結局は続けられることが大事なのです。

しかし、本音を言わせてもらえばそのような食事は避けてほしい。

好きなものを食べ続けて痩せるというのには限界があります。人間は甘いからです。

先ほど話した禁煙者が再びタバコを吸ってしまうように、その一口がダイエットを停滞させてしまうのは事実です。

食べたいものを食べてきたから今の体型、体重だと思います。

好きなものを食べながらでもダイエットできる!というのはやはり以前の生活に未練があるのだと思います・・・

変わろうとしているなら、痩せたいと思うならその甘さを脱ぎ捨てる必要があります

ダイエットをしていることは頭の片隅に

同じ食材を食べ続ける、過食に走ってしまうようなものは避ける

この2つを頭に入れながら食材を選んでいけばダイエットの謎も少しづつ解けると思います

そして「ああ、ダイエットてこんなに簡単なのか!」と思えるようになれます!

プロテインや話題の食材に手を出す必要はありません。

ダイエットの仕方というのは確立されています

まずは食材、そしてその後に筋トレなどのトレーニングに取り掛かりましょう。

おすすめの書籍でボディービルダーでありながら、一般の方に向けたダイエットに関するYouTubeもされているバズーカ岡田さんの本が発売されています

無敵の筋トレ食
無敵の筋トレ食

私のバイブルになりつつあります。

是非手に取っていただきたいです